高鍋大師

GWに私たち夫婦と、
東京から帰ってきた娘と一緒3人でに,
高鍋大師に行ってきました。
久しぶりの高鍋大師は、
綺麗に整備され「高鍋大師花守山」となり
八十八ヶ所めぐりが分かり易くなっていました。
運がいいことに、ボランティアガイドさんがいて、
いろいろ教えて貰いました。(感謝)
ガイドさんが言うには、
「私は何年もここに来て、
わかったことは難しく考えず
自由に感じたままにでいい」
「本当は、深いけどね」
1.車を降りると、最初に賽の河原が有ります。
 石を積んだ中に子ども達が楽しそうに遊んでいるそうです。
 それを見ている閻魔大王と、
 子ども達と一緒に遊びたがっている、
 赤鬼と青鬼だそうです。
2.岩岡保吉さんは30歳のときに、四国八十八ケ所の巡礼をし、
 高鍋にも「八十八ケ所の巡礼」を作りたいと思ったそうです。
 それと、ここ持田古古墳は、盗掘されまくって、
   それに胸を痛め、
 古代人の霊を鎮めるためだそうです。
3.岩岡保吉さんは昭和3年、彼が45才のときに、
   この地を手に入れ、
 自費で仏像つくりに着工。はじめはプロの石工を呼んで、
   石彫を学んび、
 お亡くなりになる89才までの50年近く、
 ひたすら750体もの石像を彫りつづけたそうです。
 たぶん、1年で88体作るまでは、
   プロの石工に教わりながら作ったけど、
 後は、好きなように作って行ったと思います。
4.岩岡保吉さんは文字が苦手な人だったみたいです。
 近所の人たち(檀家?)から頼まれ、
   石仏を彫って上げてその 作品が沢山あります。
 子どもが小さいときになくなったと人は、
 親子にはさまれた子どもを青年にして彫ったりしています。
 たまたま、ガイドさんがお孫さんから聞いて解ったそうです。
5.石は清武石で、トラックで運んだそうです。
6.真言宗の開祖、空海(弘法大使:平安時代初期の僧)を
   祀るために彫ったらしい?
 しかし、アマテラスやスサノオ、十二めんやくし、
   水戸黄門など自由に彫っています。
 
うまく作ろうとか、人に認めて貰うと思うと、
作品にいやらしさが出てきます。
岩岡さんは子どもみたいに、好きに自由に彫っています。
本当に,素晴らしいです。

at 01:53, はにわ広告事務所, 日々

comments(0), trackbacks(0), - -

宮崎ジャズデイ2017!!

4月30日は、5周年記念!!
宮崎ジャズデイ2017!!
今日は、市長、知事に表敬訪問してきました。
今回も、凄く協力的で
プレイベントから参加して下さいました。(感謝)

ケーブルTVにも、日高実行委員長出演!!
見てください。

 

ここに本文を記入してください。
 

at 18:17, はにわ広告事務所, イベント

comments(0), trackbacks(0), - -

春が来た、事務所に来た。

春が来た、事務所に来た。

今年は、少し遅く春がやって来ました。

 

 

at 19:46, はにわ広告事務所, 日々

comments(0), trackbacks(0), - -

みやざき国際ストリート音楽祭2017

2017年の「みやざき国際ストリート音楽祭」ポスターが完成しました。

4月29日に宮崎国際音楽祭にあわせて、

宮崎の春に橘通りを歩行者天国にして、

音楽で楽しむ音楽祭です。

 

 

at 12:05, はにわ広告事務所, 仕事

comments(0), trackbacks(0), - -

土筆

今年も事務所の土手に、
小さな春を知らせてくれました。

 

 

 

 

at 12:07, はにわ広告事務所, 日々

comments(0), trackbacks(0), - -

宮崎ジャズデイ2017・ユネスコ430

4月30日は
宮崎ジャズデイ2017開催!!

ユネスコが定めた4月30日の
「国際ジャズデイ」の趣旨に賛同し、
宮崎において深めることを目的に開催しました。

2017年はいよいよ第5回を迎えます。
これまで宮崎ジャズデイに参加されたのミュージシャンの方々に

お声かけし宮崎のジャズデイをみんなで一緒に祝う楽しいプログラムを企画しています。   
4月30日のコンサートでは、教育プログラムとして子どもたちに演奏する場を提供し、

山下洋輔氏に演奏に加わってもらうことで、次世代を担う子どもたちが、

一流の音楽に触れ、ジャズ文化を知り、世界と結びつく場にしたいと考えています。

 

■山下洋輔スペシャル・グループ
山下 洋輔p/水谷 浩章b/高橋 信之介ds/寺久保 エレナas/川嶋 哲郎ts
■スガダイロー・トリオ
スガ ダイローpf/千葉 広樹b/今泉 総之輔ds

■吹奏楽ユニット「TOK」 〜みやこのじょう〜
(高城小学校・高城中学校・高崎中学校・小松原中学校・沖水中学校)

■OPEN 16:30 START 17:00
■会場 宮崎市民文化ホール
■チケット
指定席 4,000円(当日4,500円)
自由席 3,000円(当日3,500円)
学生自由席 1,500円(当日2,000円)

 

 

 

 

 

 

 

at 16:18, はにわ広告事務所, イベント

comments(0), trackbacks(0), - -

Webマガジン「羽音に聴く」14号完成!

Webマガジン「羽音に聴く」14号完成!
ゆっくり、見てください。

http://www.littleheaven-bee.jp

 

明治時代後期に養蜂業を始めた初代坂東周一さんは、自然と自由を愛する風流人として、

佐藤春夫の短編小説「雁の旅」で描かれた主人公のモデルとなった人物。

その気質を受け継いだ3代目の坂東忠則さんと4代目の真志さんを中心として、

急がず、騒がず、長閑な雰囲気を漂わせ身内で採蜜をする。
物言わぬ蜂の状態を観て、その心を読み解くためには、

じっくりと急がず向き合って世話をすることが大切なのだと、坂東一家の仕事ぶりを見て知った。
仕事を楽しみ、余暇を楽しむ。坂東一家の人生ドラマをお楽しみください。
ご感想等お寄せください。(芥川仁)

 

at 12:00, はにわ広告事務所, 仕事

comments(0), trackbacks(0), - -

Web版「リトルヘブン」47号


Web版「リトルヘブン」47号
岡山県鏡野町が公開されました。
www.littleheaven.jp

お陰さまで、念願の全国47都道府県を一巡することができました。
これまでの皆さまのご支援に感謝申し上げます。
今号は、岡山県苫田郡鏡野町上斎原地区赤和瀬集落で取材をさせてもらいました。
中国山地の真っ只中にある盆地の集落は、もと木地師の村で標高700m。
赤和瀬の皆さんは、ちょうど田植えの時期を迎え、スズノコ(筍)採りの時期とも重なり大忙し。
スズノコ採りに同行させてもらったり、田植えの家族に話を伺ったり、
お年寄りを訪ね昔の暮らしぶりも伺いしました。印象的だったのは、
冬は積雪が1m50cmほどもあるため仕事はできず、雪山へウサギを獲りに行き、
近所が集まってすき焼きで食べるという話。
自然深い山里の暮らしの豊かさが伝わります。お楽しみいただけると幸いです。
7月からは新シリーズが始まる予定ですが、詳細は後ほど。(リトルヘブン編集室 芥川)




 

at 23:29, はにわ広告事務所, 仕事

comments(0), trackbacks(0), - -

神武東征誘客キャンペーン出発式

宮崎神宮で
神武天皇2600年記念『神武東征誘客キャンペーン』
出発式がありました。
ラッピングバスや衣裳に関わらせてもらいました。(感謝)

at 15:33, はにわ広告事務所, イベント

comments(0), trackbacks(0), - -

赤江城ヶ崎ポスタープロジェクト-2

 小戸之橋ストリートフェスティバル
「小戸之橋るんるん」
城ヶ崎ポスタープロジェクト
作品を掲載します。


城ヶ崎プロジェクトチーム
◎デザイナー:大瀬 雅裕(デザインオフィスマナ)
◎カメラマン:塩川 陽一(スタジオむーぶ)
◎コピー制作:畠山 容子&大瀬雅弘

スズキオートショップ
カサムラプロジェクトチーム
◎デザイナー:後藤 修(eater)
◎カメラマン:塩川 陽一(スタジオむーぶ)
◎コピーライター:畠山 容子

日高餅店プロジェクトチーム
◎デザイナー:黒田 志穂(Cook+ie DESIGN WORK)
◎カメラマン:芥川 仁(株式会社 芥川 仁)
◎コピーライター:畠山 容子

認定NPO法人ホームホスピス宮崎
「暮らしの保健室」プロジェクトチーム日高餅店プロジェクトチーム
◎デザイナー:河野 真紀(はにわ広告事務所)
◎カメラマン:塩川 陽一(スタジオむーぶ)
◎コピーライター:畠山 容子
◎デザイナー:黒田 志穂(Cook+ie DESIGN WORK)
◎カメラマン:芥川 仁(株式会社 芥川 仁)


ひとえ歯科クリニックプロジェクトチーム
◎デザイナー:萩原 宏典(はにわ広告事務所)
◎コピーライター:畠山 容子
◎カメラマン:芥川 仁(株式会社 芥川 仁)            


at 18:47, はにわ広告事務所, その他

comments(0), trackbacks(0), - -